葬儀料金を安くするためには制度を利用しましょう

subpage01

葬儀料金は、葬儀費用一式と飲食接待費用と寺院の費用などの合計が掛かります。さらに、心づけという正規に支払う費用以外にも慣例としてチップを渡します。


このチップの料金は、お世話になった度合いや渡す人との関係によって金額が変わってきます。

葬儀の料金のことならお任せください。

心づけは、世話役の人や代表や近所の手伝い人などに渡します。

世話役の人には5千円から1万円前後で、代表には1万円から2万円程度です。


近所の手伝い人には、2千円から3千円程度が基本です。



葬儀社への支払いについては、会社によって料金体系が異なります。
1つ1つの詳細な明細を出すものからセット料金まで様々です。

個々に頼む場合は、必要なものについて理解しておかければいけませんので葬儀に関してある程度精通しておく必要があります。セットで頼む場合は、セット内容について理解して不足しているものはないか調べましょう。

わからない場合は社員の人に聞くと良いでしょう。

また、病院から遺体を搬送する場合には遺体搬送費が掛かります。


時間帯によって値段が変わります。

僧侶に渡す御布施は、僧侶の位階と寺の格式により違いがあります。


導師についてくる脇導師には、3分の1程度を支払うのが基本です。
引き出物については、最近は酒や茶や砂糖のセットが主流です。


葬儀代を安くするためには、予算内でやってもらうように頼むのが良いでしょう。


削れるものは極力削り、最低限のランクにしてもらうのも安くしてもらうには必要です。

また、葬祭扶助や互助会や特約付き生保を利用するのも良いでしょう。
葬祭扶助は、区民葬や市民葬を利用することで安くすませます。互助会は、月々に会費を積み立てておきます。

特約付き生保も毎月の積立金で費用を賄いますが、斎場などの割引サービスを利用することで安くできます。