葬儀の料金はどのくらいか

subpage01

葬儀は大抵が突然のことです。

慌てないためには近くの葬儀場と契約して、毎月いくらか払っていれば、最低限の葬儀をしてもらえます。
葬儀会社によりますが、一人だと100万円、2人だと200万円で満期になります。


しかし、お坊さんに払うお金やお車代、戒名代、参列者の食事代、などがいるので、料金は200万ぐらいから500万ぐらいかかることもあります。

幅広い分野の葬儀の料金の為になる情報です。

最低のおかんやお花ではパッとしないからともう少しランクを上げたりすると、料金がかさみます。
しかし、故人が高齢で参列者も少ないのなら、簡素でもいいのですが、ある程度の地位や役職だった人の場合は、少し豪華なぐらいでちょうどいいようです。



「粗末な式だったなあ」などと、あとで言われたりします。故人が家族葬にして欲しいとか派手にしないでくれという遺言があれば、地味でもいいでしょう。



仕事柄、知り合いが多いと、あとのお返しも大変なので、亡くなったことも知らされずに、家族だけでさっさと終わらせる人もいます。
その場合はあとで香典を持って行っても断られたりします。
昔は葬儀にお金をかけて、その家の財政を知らしめるようなこともありましたが、今は人それえぞれの考え方で、派手にしても地味にしてもいいと思います。
たくさん香典が集まってもたくさん食事やお返しに料金がかかるので結局同じです。


亡くなったあと、家族に大変な手間をかけるより、簡素にするほうが、亡くなる方も気が楽かもしれません。